2018年11月29日

経営団体、労働組合の皆さま 2018-11-29:若い検察官(徳山(仮の名前))の口癖は、 会話の初めの「私は偉いのです・・・」で始めるのです。 私はクレイジーだと思う!自分から「私は偉いのです・・・」!! 世界の検察官も言うのかなあ?


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


経営団体、労働組合の皆さま

2018-11-29:日本政府は外国人労働者を「単純労働者」として受け入れます。
業界の狙いは、「労働需給が緩み、人件費負担を軽減できるとの思惑」です。
「人手不足解消」には、労働者の賃金を下げる効果があるということです。
日本国民は馬鹿ではありません。
安倍政権よ「さようならSayounara」。
国民はドナルドトランプ大統領のような首相を望んでいます。


拝啓、昨日の続きです。

4.若い検察官が習慣のように言うことは「私は偉いんです」と言う。

若い検察官(徳山(仮の名前))の口癖は、
会話の初めの「私は偉いのです・・・」で始めるのです。
私はクレイジーだと思う!自分から「私は偉いのです・・・」!!
世界の検察官も言うのかなあ?

アメリカも。イギリスも。」フランスもドイツの検察官も?

検察官は会話の中で、次のことを言います。
「多くの中国人は小額の罰金で「強制出国」になります」
「私は偉いのです」よ、誰もあなたの言う「法律論」を信用しません」。
(事実、今でも、多くの人が信じません)
「私は、あなたを「懲役刑」にでもできるのですよ」。
「罰金の方が良いでしょうそのためには・・・・」。
検察官は話が終わると、「お前は「反省」がない!、
お前は何を考えてるんだ」、
と彼は強い「口調」でいいます。
検察官が私に「署名するべき!」と言うので、私は署名しました。
しかし署名後、検察官は小さな声で「Remember it.!!」」と言います。
私は「何度も逮捕されること」は絶対に「避けたい」と思いました。

この事件は、適用法の誤りです。
仮に検察の言う嘘をすべて認めても、私は無罪です。
しかし日本の司法関係者はいまだに認めません。
皆さん、日本の司法関係者に法の論理を教えてあげてください。
明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

日本はEUのように「外国人労働者」の問題で国を二分してはいけない。
世界の流れは、外国人労働者を自国に受け入れません。
労働力が不足すれば輸出を減らしてアメリカと喧嘩をしないことです。
アメリカを「食い物」にするのはやめよう!
この事件は国際法違反です。各国において「批准した条約」は「各国の法律」よりも優先します。
条約違反を「指摘」することは「内政の干渉」ではありません。
世界は法の下で統治されるべきです。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を主張する資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を、
「最優先の課題」として「解決」すべきだ。
このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。

敬具 長野 恭博


私の情報 ***************************************************

この事件は、警察官、検察官らによる恣意的な適用法違反による犯罪です。
この問題の解決には国際社会の力が必要です。

下記のプログにて公開しております。
http://kuroyanagitetuko.seesaa.net/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

****************************************************************
posted by 長野トミー at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日のつぶやき




























































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | 徹子さん!一緒に泣いて!一緒に笑って! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

アメリカ有難う【トランプ大統領からのメール返信2018-11-28】メールありがとう。私のスタッフはあなたの意見、質問、懸案事項が確実に解決されるように、あなたの連絡事項を綿密に見直しています。


ホワイトハウス、ワシントン 2018年11月27日
  
メールありがとう。私のスタッフはあなたの意見、質問、懸案事項が確実に解決されるように、あなたの連絡事項を綿密に見直しています。

昨日、ミシシッピ州ガルフポートの政府職員や法執行機関の指導者と第一段階法について話し合うための円卓会議を開催しました。この画期的な法律は、国家の刑事司法制度を改善するとともに、再犯率を低下させ、コミュニティをより安全にするために刑務所を改革するのに役立ちます。

ほとんどすべての投獄されたアメリカ人はいつか刑務所を出るでしょう。元国民が生産的で法律を遵守している市民として社会に再び参入することができれば、私たちの全国民は利益を得ることができます。この超党派立法は、成果ベースの職業訓練、教育コース、薬物乱用治療プログラムへの囚人の参加を促進することにより、その後の投獄を避けるための枠組みを提供する。

書く時間をとってくれてありがとう。一緒に、私たちは現在の受刑者がコミュニティに戻って成功し、自分自身、家族、そしてすべてのアメリカ人にとって明るい未来を築くのを助けることができます。

敬具、

ドナルド・トランプ
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-26-2018-1200x800.jpg

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2018-11-28】


November 27, 2018

 
Thank you for your email. My staff is closely reviewing your correspondence to ensure your views, questions, and concerns are addressed.
Yesterday, I hosted a roundtable with government officials and law enforcement leaders in Gulfport, Mississippi, to discuss the FIRST STEP Act. This landmark legislation will help improve our Nation’s criminal justice system, while also lowering recidivism rates and reforming our prisons to make our communities safer.
Nearly all incarcerated Americans will one day leave prison. Our entire Nation benefits if former inmates are able to reenter society as productive, law-abiding citizens. This bipartisan legislation provides a framework to help them avoid subsequent incarceration by promoting prisoner participation in outcome-based vocational training, educational coursework, and substance abuse treatment programs.
Thank you again for taking the time to write. Together, we can help current inmates make a successful transition back into their communities and build a brighter future for themselves, their families, and all Americans.
Sincerely,
Donald Trump

https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-26-2018-1200x800.jpg

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

posted by 長野トミー at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | ホワイトハウスからのメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営団体、労働組合の皆さま 2018-11-28:日本政府は外国人労働者を「単純労働者」として受け入れます。 政府は業種別の受け入れ人数を言いますが、 在留資格は「特定技能1号」で彼らは全14業種で働けます。 業種別を言うのであれば「在留の資格」を「建設分野の特定技能」などとすべきです。 14業種別に「在留の資格」を設定すべきです。 政府はここでも国民を騙しています。 「入管法」は「騙しやすい」のです。いまでも野党の議員はこの意味を理解していません。


<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


経営団体、労働組合の皆さま


2018-11-28:日本政府は外国人労働者を「単純労働者」として受け入れます。
政府は業種別の受け入れ人数を言いますが、
在留資格は「特定技能1号」で彼らは全14業種で働けます。
業種別を言うのであれば「在留の資格」を「建設分野の特定技能」などとすべきです。
14業種別に「在留の資格」を設定すべきです。
政府はここでも国民を騙しています。
「入管法」は「騙しやすい」のです。いまでも野党の議員はこの意味を理解していません。


拝啓、昨日の続きです。

7 私は警察官に「森山さん」が私のパソコンのハードディスクの交換したと説明した。
交換前のハードディスクは私の机の横においてあった。と説明した。
警察官は私に「森山さん」からこのことを聞いていると言った。
彼はすでにこのことを確認をした。
私は警察官に「私が交換前のハードディスクを
「Destruction of evidence」したことは事実でない」と言った。
警察官はこのことは調書に書いた」。
交換前のハードディスクは私が個人として使っているものです。
メールや重要なデータはサーバーにある。
このようなサーバー、パソコンのネットワークは常識です。
警察のメールサーバーが「警察官ごと」のパソコンにあるはずがない。
今日の犯罪捜査で重要なサーバーデータを押収しないことは考えられない捜査です。

8 証拠は「要員の計画表」で証明される。これらの資料は、データサーバーに格納されていた。又、メール情報はメールサーバーに格納されていた。当時の仕事のやり方は通常は相手のメールに返信することで仕事を進めていた。

9 公判で、私が警察による「Destruction of evidence」を説明したが、裁判官は不自然だと言った。
裁判官は判決では、私が「Destruction of evidence」をしたと言った。

10 警察は「内が虚偽の雇用の契約書類」を作成した理由で私を逮捕することがわかっていた。
警察は事実の調査をしなければならない。
「家宅の捜査」では雇用契約書が虚偽であることの捜索は行っていない。
警察は、逮捕前に「雇用契約書」が事実であることの「証拠の提供」を求めるべきです。
又、取引先や「kinGungaku」とのメールデータを差し押さえることは「捜査の基本」です。
私が提出できないのであれば、雇用契約書が虚偽と言われても「仕方がない。
事務所閉鎖の前であれば、私は求められれば提出可能であった。
不法就労者の不法就労についての「事実の調査」でも、
タイムレコーダー記録や給与明細などを押収します。
明らかに警察の「Destruction of evidence」です。

11 警察官は私を「内容が虚偽の雇用契約書」を作成した理由で逮捕するため下記の工作をした。、
A).公判で雇用の事実が証明されれば検察に不利益です。
それで、警察はパソコンのハードディスクが空なことを理由に、
事実関係が明らかになるメールサーバーやメインのデータサーバーのデータを押収せず、
先に、「Destruction of evidence」を工作したと推定できる。

B).「家宅の捜査」で警察官はパソコンを操作していたので
初期化されたパソコンであることはその場で確認できたはずです。
警察が、その後に言うのは不自然です。
警視庁の技術力からするとメールサーバーやデータサーバーは稼動していたので押収すれば分析は可能です。
近年は、情報のほとんどがメールサーバーにあることは、警察官であればわかるはずです。
警察がメールサーバーやデータサーバーを「押収しない」ことは不自然です。
C).警察は、「私のパソコンやサーバー」から不利な情報が出てくるのを恐れて
あえて「廃棄」させたのだと思う。
警察は私に「二度も再確認」をした。
私が警察官に「全て廃棄する」と言うと、警察官は「全てですか」と「再確認」をしました。
これは、警察による明らかに計画的な「Destruction of evidence」です。

12 私は、逮捕後、警察官に警察の「Destruction of evidence」を問い詰めた。
警察官は「検察官に報告しておきます、釈放されたら、
証拠を集めたほうが良いですよ」と言って調書に書かなかった。
検察官は、私がこのことを話そうとすると「質問にだけ答えてください」と言って
私の話を聞かなかった。
このようなことを話しても意味がありません。

この事件は「適用する法律」を違法に適用した犯罪です。
たとえ、警察や検察官の工作をすべて認めても、私は法律に違反をしていないので無罪です。
日本の司法が、法律に基づかないで「犯罪化」することを事実で理解してください。

明日に続きます。

私はあなたが理解するまで続けます。

日本はEUのように「外国人労働者」の問題で国を二分してはいけない。
世界の流れは、外国人労働者を自国に受け入れません。
労働力が不足すれば輸出を減らしてアメリカと喧嘩をしないことです。
アメリカを「食い物」にするのはやめよう!

この事件は国際法違反です。
各国において「批准した条約」は「各国の法律」よりも優先します。
条約違反を「指摘」することは「内政の干渉」ではありません。
世界は法の下で統治されるべきです。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を主張する資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を、「最優先の課題」として「解決」すべきだ。
このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。

敬具 長野 恭博


私の情報 ***************************************************

この事件は、警察官、検察官らによる恣意的な適用法違反による犯罪です。
この問題の解決には国際社会の力が必要です。

下記のプログにて公開しております。
http://kuroyanagitetuko.seesaa.net/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

****************************************************************
posted by 長野トミー at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【懐かしい クリスマスソング おすすめ 人気曲 メドレー 🎄!】【ド定番】 当然クリスマスも好きだけど、その前の街の雰囲気が好きだな(^^)



クリスマスってなんだかんだ楽しいよね。
家族の人は家族と
恋人がいる人は恋人と
独り身の人は友達とわいわい美味しいもの食べれるし。
ボッチでもセールとかで楽しめるし
クリスマス大好き人間だから、11月から年末までクリスマスソング毎日聴くし、
クリスマスのインテリア用品買うし、クリスマス限定グッズ買うし、
ウィンドウショッピングするし、クリスマスケーキも食べる。

(今年もクリぼっち)

シェア元タイトル
【ド定番】 クリスマスソング おすすめ 人気曲 メドレー 🎄
クリスマスソング 洋楽 邦楽 冬歌 BGM 定番 メドレ
シェア画像動画URL
https://youtu.be/3mvG8nATDtc
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2018年11月22日は【小雪(しょうせつ)】小雪がちらつき始める頃です。木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃です。「小雪」とは、冬とは言えまだ雪はさほど多くないという意味で、冬の入口にあたります。
★ホワイトハウスの写真です。
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-26-2018-1200x800.jpg
□来たれ!月光仮面!日本の検察の無法状態を理解して支援してください
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
★<注目>安倍政権の親共産主義政策を潰せ!トランプ政権は共産党と戦争をしています。米政府は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の中に、中国を「封じ込める」ための「中国条項」を「設定」しています。「日米物品貿易協定(TAG)」交渉や、「米・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)」交渉でも同じです。「中国条項」はUSMCAの参加国、例えばカナダが中国とFTAを「締結」すれば、3カ国のUSMCAは即廃棄、になる。ロス米商務長官は「毒薬条項」だと指摘している。これは安倍政権にも通告済みです。安倍政権は中国と「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」を積極的に推進している。これはアメリカに対する反逆です。当然トランプ政権はNOです。中国と「対決」するために「貿易での有志国連合」を形成するとしている。「反中国」の「新冷戦」ではイラク戦争と同じように「貿易での有志国連合」を形成するということです。日本も自民党と決別して反共産党で新しい貿易体制を作りましょう。!!


posted by 長野トミー at 06:06| 東京 ☀| Comment(0) | 懐かしき昭和・平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする