2018年11月01日

経営団体、労働組合の皆さま 2018-11-01:日本政府は50万人以上の外国人の単純労働者を受け入れるという。 日本にはすでに240万人以上の外国人労働者が働いている。 これ以上は危険です。 日本政府は外国人はいらなくなれば犯罪者にして国外へ追放します。 日本に来てはいけない。!

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


経営団体、労働組合の皆さま


2018-11-01:日本政府は50万人以上の外国人の単純労働者を受け入れるという。
日本にはすでに240万人以上の外国人労働者が働いている。
これ以上は危険です。
日本政府は外国人はいらなくなれば犯罪者にして国外へ追放します。
日本に来てはいけない。!


拝啓、私は日本人です。今週は、実際の「起訴状」(Kisojo)を掲載しています。
日本語の原文は下記サイトにて閲覧してください。
日本政府は、いまだに司法関係者の範囲を認めない。
法の下での統治をおこなうように日本政府を糾弾してください。


第4:中国人の4人目です。
中華人民共和国の国籍を有する外国人である 「李萌」(リモ)が
在留資格を「人文知識・国際の業務」に変更し、在留期間を更新して本邦に在留した。
法務大臣の資格外活動の許可を受けないで、
2009年3月ごろから2010年6月3日までの期間、従業員としてはたらいた。

彼女は2009年3月ごろから2010年6月3日までの間、
東京都中央区日本橋人形町3丁目7番14号所在の飲食店「マミヤ」ほか1店舗において、
各店の従業員としてはたらいた。
彼女は明確に「在留の資格」以外の活動で収入を受ける活動を行った。

2009年11月下旬頃、「被告人」は前記(リモ)から「依頼」を受けた。
「被告人」は「在留の資格以外の活動」を行うことを知っていた。
東京都千代田区KudanKita1丁目2番13号KudanSuzukiビル4階。
「被告人」の長野恭博は「株式会社レフコ」の「代表取締役」である。
その事務所で、「被告人」は「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
真実は、前記「リモ」が株式会社レフコに雇用された事実はない。
しかし彼がが同会社に雇用されて、プログラマー等で働くために、
「人文知識・国際業務」への「在留の資格の変更」を要請する内容の
「内容が虚偽の雇用の契約書」を作成した。
そして、KinGungakuは、
東京都北区Higasitabata1丁目17番1号JR田端駅構内の飲食店
「ベックスコーヒーショップ田端店」で、
KinGungakuは、彼に前記の「内容虚偽の雇用契約書等」を渡した。
同年12月24日。
東京都港区港南5丁目5番30号東京入国管理局でのことです。
彼は「在留期間(資格)の更新の許可申請書」と「内容が虚偽の雇用の契約書等」などを提出しました。
そして彼は、平成22年3月25日その許可を得た。

もって前記ヂャン等4名の前記各資格外活動を容易に支援したものである。

「罪の名前」及び「適用する法律」
出入国管理および難民認定法違反同法70条1項4号、19条1項1号
刑法62条1項、60条

以上で「起訴」の「紹介」は終わりです。
この起訴状により裁判が行われなけ得ればなりません。
同法70条1項4号、19条1項1号と刑法62条1項、60条の因果関係はまったくありません。

私はあなたが理解するまで続けます。

メディアは日本政府の入管法違反問題で「不法な拉致監禁問題」を報道すべきです。
各国政府は自国の被害者を守ってください。
日本政府に名誉の回復と賠償を請求してください。
留学や観光、就労などのビザで来日した外国人はたくさんいます。
彼らは飲食店などで労働を行い「入管法違反」で「処分」されています。
雇用者が「処分」されないので国際法違反です
よって不法就労をおこなった外国人は「無罪」です。

日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を言う、資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を優先して解決すべきだ。
韓国人の被害者は数えきれない。北朝鮮政府は朝鮮人(韓国人)の被害者を救済すべきだ。
北朝鮮政府は「韓国人の拉致」問題を日本政府に追及すべきだ。北朝鮮政府は同胞を救うべきだ!
異議があればメールをください。

敬具 長野 恭博


私の情報 ***************************************************

この事件は、警察官、検察官らによる恣意的な適用法違反による犯罪です。
この問題の解決には国際社会の力が必要です。

下記のプログにて公開しております。
http://kuroyanagitetuko.seesaa.net/

長野恭博


助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

****************************************************************
posted by 長野トミー at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日のつぶやき










































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 徹子さん!一緒に泣いて!一緒に笑って! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする