2018年11月20日

アメリカ有難う【トランプ大統領からのメール返信2018-11-20】ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

【トランプ大統領からのメール返信2018-11-20】

ホワイトハウス、ワシントン 2018年11月19日
  
ホワイトハウスにお問い合わせいただきありがとうございます。 あなたのメッセージを慎重に検討しています。

ドナルド・J・トランプ大統領は、わが国の強みは、米国人の精神と、情報を得て関与する意欲があると考えています。 トランプ大統領は、あなたが手を差し伸べる時間をとっていることを感謝します。

敬具、

大統領通信局
https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-6-2018.jpg.png

●こちらは、多くの外国人が被害者です。あなたも #MeToo  被害者です。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/


【Reply by e-mail from President  Trump 2018-11-20】



November 19, 2018
 
Thank you for contacting the White House. We are carefully reviewing your message.
President Donald J. Trump believes the strength of our country lies in the spirit of the American people and their willingness to stay informed and get involved. President Trump appreciates you taking the time to reach out.
Sincerely,
The Office of Presidential Correspondence




https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2018/11/POTD-November-6-2018.jpg.png

● Here, many foreigners are victims. You are a  #MeToo victim  too.
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

続きを読む
posted by 長野トミー at 07:08| 東京 ☁| Comment(0) | ホワイトハウスからのメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経営団体、労働組合の皆さま 2018-11-20:B)起訴状は、(入管法22-4-4条)の「虚偽の書類の提出による在留資格の取り消し」を支援した理由で、 (刑法の62条)を適用した。 しかし(入管法22-4-4条)は「在留資格の取り消し」であり刑事上の処罰ではありません。 (これは適用法の意識的な違反です)。 私たちは無罪です。

<公開メール>#MeToo 人権被害者です!


経営団体、労働組合の皆さま


2018-11-20:私は法律に違反していません。
だから警察官は「お前は一般論で罪を認めるべきだ」と言います。
検察官は先に「私は偉い人です」と「宣言」します。
そして検察官は「お前が罪を認めれば私はお前を罰金刑にしてやる」、
「お前が罪を認めなければ私はお前を刑務所に送る」と言う。
そういって彼は私に「自白」を強要します。「偉いと思う奴」の「意思」は法律より上なのです。
これが「儒教国」の思想です。


拝啓、私は日本人です。
私は2つの主張をしています。混乱しないでください。


1つめは、外国人が(入管法70条)の「在留資格の違反をした労働の罪」で刑事処罰されました。
しかし彼らを雇用した雇用者は(入管法73-2条)の「違法な労働を支援する罪」で処分されない。
これは外国人だけを意識的に差別する国際法違反です。「法の下で平等の原則」で、も、彼らは無罪です。

2つめは、私や外交官らが上記「外国人の違法な労働」の行為を支援したとして(刑法の62条)の
「他の犯罪を支援した罪」で処罰されたことです。
これは2つの理由で無罪です。

A)1つめ主張で外国人が無罪であれば、
(入管法70条)の「在留資格の違反した労働の罪」を支援した者は誰もいません。
私たちは無罪です。

B)起訴状は、(入管法22-4-4条)の「虚偽の書類の提出による在留資格の取り消し」を支援した理由で、
(刑法の62条)を適用した。
しかし(入管法22-4-4条)は「在留資格の取り消し」であり刑事上の処罰ではありません。
(これは適用法の意識的な違反です)。
私たちは無罪です。


カナダだと思いますが、売買春で面白い法律があります。
カナダでは「女を買った男」を逮捕します。
しかし「売春」した女は「無罪」です。
「女を買う男」がいるから「売春」できるのです。
なるほどそうですよね。
「因果関係」からすると、女性が「売春」をして「お金」を稼ぎたいと思います。
しかし「女を買う男」がいなければ、女性は「売春」ができないのです。

3人が造園会社で「不法な労働」をしたことは「事実」だと思います。
しかし、外国人を不法に雇用した造園会社のが処罰されていない。
にもかかわらず「不法な労働」をしたフィリッピン人だけが「1年の労働の刑」。
(「猶予」が3年あります)。これは不当です。

この判決は「法の下の平等」に違反しています。
外国人を違法に雇用した雇用者を平等に処分しないで、
弱者である外国人だけを犯罪者にしたのは、意図的であるので国際法の違反です。
「国際的な地位」を損ねる行為に、外務省までも「加担」していたとは「情けない話」です。

日本国憲法は「法の下での平等」で「規定」しています。
そして国連憲章など国際法も「意図的な処分」を禁止しています。

検察は不法な雇用をした「造園会社」を処罰しないのであれば、
「不法な労働者」になったフィリッピン人も処分してはいけません。

日本の司法と事業者の「汚い関係」は、中国も「びっくり」です。
神奈川県警、警察庁、検察庁、外務省の行為は、恥ずかしい限りです。
彼等は法律のプロですから、「恣意的」な犯罪の行動です。

明日に続きます。
私はあなたが理解するまで続けます。

この事件は国際法違反です。各国において「批准した条約」は「各国の法律」よりも優先します。
条約違反を「指摘」することは「内政の干渉」ではありません。
世界は法の下で統治されるべきです。
日本政府は「告訴」を「crush」ています。
しかし国家権力による「crush」は「Statute of limitations」の「停止」です。

資料は下記にあります。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/

日本政府は北朝鮮による「日本人の拉致」を主張する資格がない。
日本政府は「日本政府による外国人の拉致」事件を、「最優先の課題」として「解決」すべきだ。
このEメールは皆様と同じように毎日、首相官邸へ送信しています。

敬具 長野 恭博


私の情報 ***************************************************

この事件は、警察官、検察官らによる恣意的な適用法違反による犯罪です。
この問題の解決には国際社会の力が必要です。

下記のプログにて公開しております。
http://kuroyanagitetuko.seesaa.net/

長野恭博

助けてください。
不明な点はお問い合わせください。
enzai_mirai@yahoo.co.jp

****************************************************************
posted by 長野トミー at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | 公開メール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日のつぶやき


































































































































































































































posted by 長野トミー at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | 徹子さん!一緒に泣いて!一緒に笑って! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする