2018年06月13日

【懐かしい 曲】命かれても 藤圭子 誰も太刀打ちできない圧巻の表現力、ほんとうに お見事です!!





圭子さんの唄はすごい今はこの世に居ない人だから涙ながら聞くより仕方ないよね
https://youtu.be/SeFEm3JaX6A


藤圭子の声がたまらない。青春時代毎日レコ-ド聞いていました。
生の声一度聞いてみたかった。藤圭子の魅力を青春に帰って皆様と共有したいです。
もし圭子さんに「良い事務所」がついていたら
どんなに凄いことになっていたかと夢想させる凄い唄です。
この抜群の歌唱力は他に並ぶものがみあたらない。
この曲新宿の女(LP)に入ってましたよね。まだ若干十八歳で・・・・
凄すぎます!森進一さんもやはり十代で歌われてましたよね。お二人とも流石です。
お二人が出るまでは演歌の王道は、美空ひばり、
北島三郎、都はるみ、水前寺清子とされポップスまがいは、
演歌に非ずの風潮が有った様に記憶していますが、
森進一と藤圭子両名により演歌、艶歌、怨歌と言われる様になったと認識してます。
お二人の功績恐るべし!それ故多くの歌手が演歌歌手として認められて来ましたよね!



↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

<拡散希望>6月6日より夏至までの期間が芒種(ぼうしゅ)です。梅の実が青から黄色に変わり、百舌が鳴き始めます。かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。日本政府の外国人拉致問題にも関心を持ってください。
http://www.miraico.jp/Bridgetohumanrights/
posted by 長野トミー at 06:26| 東京 🌁| Comment(0) | 懐かしき昭和・平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください