2020年01月17日

【懐かしい 憧れのハワイ航路】唄 岡 晴夫 亡父の十八番の歌でした。

【懐かしい 憧れのハワイ航路】唄 岡 晴夫
亡父の十八番の歌でした。


3日前に亡くなった祖父が大好きだった曲。
もう会うことはできないけれど、
この曲を聴きて懐かしみながら祖父を想いたいと思います。良い曲ですね
50年ほど前の紅白歌合戦で何回も聞いた覚えがあります。
ハワイ航路はアロハタワーが見えたらやっと着いたという感じになったのでしょうね。
日系3世の知り合いのウクレレ奏者のお母さんは小さいとき
ホノルル港近くに住んでおり、アロハタワーの建設を毎日見ていたそうです。
当時はハワイ一の高層ビルだったそうです。80数年前のことです。


シェア元タイトル
憧れのハワイ航路 唄 岡 晴夫
シェア画像動画URL
https://youtu.be/5LvUniq73RU
シェアURL
埋め込みリンク


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
自衛隊法を改正し、憲法25条の生存権を根拠に専守防衛の自衛隊を規定しよう!憲法を改正しなくとも自衛のためであれば核ミサイルも持てます。攻撃の予兆があれば先制攻撃もできます。憲法改正は米国と戦争をするためです。欧米諸国は日本の憲法改正に「NO」を言うべきです。占領された竹島の奪い返すことは現行憲法で可能です。現行憲法で「自衛権」をフルに使うべきです。

私は戦後、連合軍(アメリカ)の下で、自由、民主主義、人権の尊重そして国際法を遵守する、
新しい日本人として育ちました。
私の守るべき基盤(保守)は、天皇制、日米安保条約、専守防衛の自衛隊であり、日本国憲法です。

憲法第99条:天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

★2020年01月06日は 小寒(しょうかん)、小寒の日を寒の入り、立春の日を寒の明けといいます。この寒の入りから寒の明けまでの約1カ月間を「寒(かん)」「寒中(かんちゅう)」「寒の内」といいます。これから寒さが更に厳しくなるころとなりますが、冬至から半月ほど過ぎているため日の入りが遅くなっていますので、少しずつ昼が長くなったと感じられるようになります。次の二十四節気は、『大寒(だいかん)』です。


2020チャリティーコンサート「川井郁子ヴァイオリンの調べ 「ともに生きる会」 お越しください
http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_1271843.html
★起訴状をみてください。訴因 と適用法がすり替わっています。1)日本語の原文は http://www.miraico.jp/ICC-crime/2Related%20Documents/%EF%BC%91Indictment.pdf   2)私の翻訳は http://www.miraico.jp/crime/g5-Indictment-against-Nagano-Kin.pdf  文末に「茶色」で私のコメントを書いています。このコメントを読んでいただければ、理解できます。「入管法」は http://www.japaneselawtranslation.go.jp/law/detail_main?id=173&vm=4  
★障がい者がつくったお弁当を買ってあげてください! お電話してあげてください。紹介してください。http://tomonisango.blog.jp/archives/cat_306084.html
★「他人の不幸は蜜の味」「愛は世界の民を救う」 詳しくは、http://oyazimirai.hatenadiary.jp/
posted by 長野トミー at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | 懐かしき昭和・平成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください